医療情報標準化推進協議会HELICSキャッチコピー

お知らせ

2018-05-23
2018年4月19日に開催された保健医療情報標準化会議において、以下のHELICS標準化指針が厚生労働省標準規格に採択されました。

  ● HS027 処方・注射オーダ標準用法規格

  詳細はこちらをご覧ください。
2018-08-02
医療情報標準化指針一覧表の各指針の標準化レポートを改訂しました。
2018-11-27
第38回医療情報学連合大会時にHELICSチュートリアルを、下記のように開催致しました。
  日時:2018年11月22日(木)13:00~15:00
  場所:福岡国際会議場 C会場
  詳細はこちらをご覧下さい。
2019-01-23
HS029:患者状態アウトカム用語集ベーシックアウトカムマスターがHELICS標準化指針として採択されました。
  患者状態アウトカム用語集ベーシックアウトカムマスターのご利用にあたっては日本クリ
  ニカルパス学会
にご相談ください。
2019-01-29
HS032:HL7 CDAに基づく退院時サマリー規約についてパブリックコメントの募集を終了しました。
  多数のご意見をありがとうございました。
  対応の結果については改めてお知らせ致します。
2019-02-15
HS030:データ入力用書式取得・提出に関する仕様(RFD)のパブリックコメントの募集を終了しました。
  応募有り難うございました。
2019-04-17
HS034:口腔診査情報標準コード仕様に対するパブリックコメントを募集します。
パブリックコメントの募集要領はここから取得出来ます。

イベント情報

2019/04/18
第23回日本医療情報学会春季学術大会においてHELICSチュートリアルを開催します。

日時:2019年6月6日(木)13:00~15:00
場所:第1会場(熊本市民会館、大ホール)
概要
HELICS標準化指針は現在までに17指針が厚生労働省標準規格として採択されています。
このチュートリアルでは、第1部で、HELICS活動の概要を紹介し、厚生労働省標準規格の中からSS-MIX2ストレージ仕様書および構築ガイドライン、臨床検査マスター、JAHIS放射線データ交換規約について概要を解説します。
第2部では、放射線画像とAIの現状について解説します。
プログラム
第1部 HELICS協議会の活動状況
  1. HELICS活動の概要 松田恵雄 (HELICS協議会・広報副委員長)
  2. SS-MIX2ストレージ仕様書および構築ガイドライン 清水俊郎
    (株式会社SBS情報システム)
  3. 臨床検査マスター 山上浩志(一般財団法人医療情報システム開発センター)
  4. JAHIS放射線データ交換規約 塩川康成(保健医療福祉情報システム工業会)
第2部 放射線画像とAI
    江本 豊(京都医療科学大学)

注:
  • 参加費:無料
  • 医療情報技師ポイント:1ポイント付与
  • 事前参加申込をされた方は、当日申込受付メールのコピーをお持ち下さい。
  • 資料の取得方法を、参加登録された方のメールアドレスにお送りする予定です。

HELICSチュートリアルへの参加申込
HELICSチュートリアルへの参加申込は以下から出来ます。(ここからも出来ます)